保証の有無

印鑑をこれから通販で購入する際には保証があるのかどうかを確認しておきましょう。通販サイトの中には激安価格で販売しているために保証がないというケースもあります。しかし、保証がないと後で困ってしまうケースがあるのです。保証の有無をチェックすることはとても大切です。

サイトたとえば摩耗したことによって捺印ができなくなったときに、無料で彫り直しをしてくれる業者があります。10年保証や20年保証が用意されているのです。これによって、自分の気に入った印鑑をずっと使い続けることができるでしょう。ただし、保証の条件に注意しましょう。たとえば落下によって枠が欠けた場合には保証してくれないこともあります。基本的に保証というのは自然に使っていて劣化した場合にのみ適用されるのです。

保証書を発行してくれるサイトもあります。保証書によって、その保証内容を保証してもらうことができるのです。保証サービスを利用したいならば、保証書の提出も求められるためしっかりと保管しておきましょう。

保証を受けるための手続きについても確認してください。たとえば印鑑を送る場合の送料を誰が負担するのかもチェックしておきましょう。印鑑の通販サイトを選ぶ際には保証内容に注目しましょう。

 

その他の注意点

保証以外に印鑑を通販で購入する際に注意するべき点について教えましょう。

まず、激安の印鑑が販売されていることがあるのですが、その場合は素材に注意してください。低品質な素材が使われていることがあるからです。そのような素材の印鑑を購入したとしても、すぐに壊れてしまう可能性があります。

印鑑機械彫りをしているのか、しっかりと職人によって彫っているのかにも注意しましょう。もし機械彫りをしている場合は、同じ名前だとまったく同じ印影の印鑑ができてしまいます。これでは故人を判別することができなくなるでしょう。ただし、機械彫りであっても、最後の作業を職人がするケースがあります。手仕上げという行程があるならば、それはオリジナルのものとなるでしょう。この点についても細かく確かめておきましょう。

印鑑を作成してもらう際には彫り方や書体、素材などをチェックしましょう。印影プレビューについても確認してください。印影プレビューによって、実際にどのような印影になるのかを確かめることができるのです。また、値段にも注意しましょう。安さだけを基準にするべきではありません。注文してから発送までにどのくらいかかるのかも確認しましょう。

以上の点に注意をして注文してください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

通販で印鑑購入

契約書にサインをしたときや書類を提出するときなどには印鑑を押さなければいけないことがあります。日本という社会の中で生活をしていく際には印鑑はとても重要なものとなっているのです。印鑑の文化というのはアジア圏に根付いたものです。欧米ではサインをするのが普通であり、印鑑を押すという文化はあまりないのです。今でも日本では印鑑の文化が根付いており、これからも活用されていくでしょう。

印鑑印鑑というのは中学校を卒業する際にもらったという方が多いでしょう。しかし、それをなくしてしまったり、壊してしまったという方がいるかもしれません。印鑑がなくなってしまうと困ったことになるでしょう。この社会で生きていくためにはいろいろな手続をする必要があります。その際には印鑑を押すことが求められるのです。しっかりと印鑑を用意しておかないと困る場面はたくさんあるのです。

現在、印鑑を購入する際には通販を利用する方が増えています。わざわざお店まで足を運ばなくても自宅でネット上で通販サイトで注文をすることがすぐに手に入れることができるのです。とても便利な時代となったのです。そんな印鑑の注文なのですが、通販サイトを利用する際には保証について確認しておきましょう。そうしないと、万が一壊れてしまったり、不良品が送られてきた際には困ってしまうでしょう。こちらでは印鑑を通販で購入する際の注意点について説明しましょう。気をつけておくべきことについて紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket